塾長日記

2018/01/19 教材展にて!私の持論も踏まえて書いてみました。

ここ数日公私ともにバタバタとしておりブログの更新が少し出来ませんでした。

失礼しました。

 

今日は午前中業界向けの教材展に行ってきました。

ここ数年毎年参加しています。

 

その場では勉強した気分になってモチベーションを上げて帰ってくるのですよ。

ですが、その後特に何かを採用するわけでもなく結局ただの自己満足・・・

ここ数年そんな感じでしたし、ここ数日バタバタとしており少しお疲れモードでしたので

今日は行くのやめようかと思ったのですが、結果行ってよかったです。

 

英語の4技能系に対応したシステムとキッズ用の面白そうなシステムを見つけました。

導入する予定で前向き検討中です。

しばしお待ちを。

 

当塾はPCを活用した学習塾ですので割と先取っている新しい塾だと思います。

当時はPCで勉強出来るの?試験は所詮紙でしょ?何て事を言われましたが(今もたまに言われますが)

今やPCやオンライン系の教材ばかりです。

 

いかによいものを見つけて取り入れて生徒に落とし込めるか??

今の塾経営者にはそのような目利きの様な能力が求められますね。

 

今日教材展に来ていた、あえて言いますがとても偉そうなおっさんがいました。

そのおっさんが

わしゃスマホも使いこなされへんのにこんなん出来るか~

と説明をしてくれている営業さんに逆切れしていました。

私もPC関係は疎い方なのですが、こういう人間にだけはなってはいけないと思いました(笑)

 

ではそういう知識だけで長けていたら塾経営がやっていけるかと言うとそんなに簡単ではありません。

あくまで私の持論ですが

塾に限らず子供から先生と呼ばれる立場に立つ人間は、3つの立場を演じ、使い分ける事が出来なければいけないと思っています。

 

高校野球を例にとると

1、生徒を指導する監督

2、先頭に立って部員を鼓舞するキャプテン

3、スタンドで声を枯らしながら応援する応援団(チアガール)

です。

結局アナログですね。

大事なのはハートの部分です。

 

じゃあお前は完璧か?と聞かれると・・・

とんでもございません(>_<)

まだまだ勉強中です<m(__)m>

 

visual_05

ご興味を持って頂ける方は(こちら

2018/01/16 過度な飛び級学習はいかがなもんか?

子供(特に小学生)の過剰な資格ホルダーについて。

親が過敏になり過ぎるのはどうかと思います。

 

例えば漢検。

小学生の漢検は合格率が大体80%です。

少し頑張れば1学年2学年上の級を取る事も可能です。

 

例えば小1生で9級(小2レベル)や8級(小3レベル)を合格した!

とてもすごい事ですが、正答率が80%ちょっとで合格し、次の学年にチャレンジする!

 

あまりいい傾向ではないと思います。

 

それならば当学年の級を満点狙いでしっかりと勉強するという経験を積み上げていく方が後々役に立つと思います。

どんな簡単なテストでも満点を取るのは難しいものです。

たった1問のケアレスミスも許さないという意識を芽生えさせる!

もちろんその上で数学年先の級までを合格しているのなら素晴らしいです!

 

〇学年上の計算問題が出来る!漢字が書ける!

小学校〇年生の時には既に方程式が解けました。因数分解が解けました。

 

いい響きですが、本当に積み残しなく進めていけているのか?は別の話です。

 

私の甥っ子(小1)お正月に会った時にもう小3レベルの計算プリントを解いていました。

あまり過度な先取りはよくないよ。と妹に話をしたのですが、聞くと

 

親は全くそんな(先取りさせる)気はないけれど

甥っ子がわからない事が出来る様になるのが楽しい!

○○お兄ちゃんが解いてた問題が解けるようになったのがうれしい!

と、喜んで進めていくそうです(笑)

 

知識欲を刺激してくれているのですね。

そういう事でしたら素晴らしいと思います!

 

ちなみにうちの息子(小2)は甥っ子が解いている問題が全く理解出来ませんでした(笑)

そりゃそうです。まだ習っていないのでね。

 

まだ習ってないからそんな問題理解出来なくていいよ。それよりもう少し字を丁寧に書きなさい!

そう伝えました(笑)

 

visual_05

H30年セルモ生大募集中です。(こちら

2018/01/15 すべきことがいっぱいです。

冬期講習(受験対策)のカリキュラムが無事に終了しました。

とはいえ来週からは土日特訓(中3生)をほぼ毎週行います。

そのようなスケジュールでしたので先週の土日だけは連休の予定にしておりましたが・・・

そんな悠長なことも言ってられないなあという事で、結局土曜日を特訓デーにしました(笑)

 

もちろん当初はお休みという事にしていましたので予定のある方は休んで頂いて結構です。

来れる方だけ来てください~

という感じでしたが結果的に全員が参加してくれました。

そう言う時期ですね。

 

すきま時間とは少し意味合いが違うかもしれないですが、空きがある時間をいかに有効に活用するか?

これからは大事になると思います。

 

日曜日は今年初めて息子の少年野球に参加する事が出来ました。

子供の為というよりも今や自分にとって一番のストレス解消です(笑)

 

イベントデーという事で上級生の親子対抗野球試合があったり、トン汁を振る舞って頂いたりとても楽しかったです。

トン汁を作ってくれるためにお母さんもたくさん参加してくださりました。子供たちは恵まれていますね。

真新しいグローブを嬉しそうに持っている子供に聞いてみたら、サンタさんからのプレゼントだとか(笑)

 

張り切り過ぎて今日は全身筋肉痛です。

なさけないです・・・

 

毎年の事ですがこれから3月まではフルスロットルです。

ほぼ休みなしの生活に突入します。

受験生の事ははもちろんですが、新セルモ生の募集も頑張らなきゃ!

すべきこといっぱいです!

 

何よりも体調管理!

 

頑張りたいと思います。

 

visual_05

少しでも興味を持って頂ける方はこちらからお願いします。

2018/01/12 平成30年度セルモ生大募集です(^^)/

平成30年度新セルモ生を大募集致します(^^)/

 

近隣の方には来週末か再来週あたりにチラシを投函させて頂きます。

早めにチラシを見たいという方はお声がけください(^^)/

 

チラシが届く前に応募頂いた方も当然キャンペーン対象とさせて頂きます。

早い方がお得です(^^)/

 

当塾は場所柄東雲中生(東小学生、白川小学校生)に多く通って頂いてます。

チラシを投函しての募集活動はほぼ東雲中エリアしか行っていなかったのですが

口コミ紹介やHP、ブログを見ました!と言う理由で平田中、東中生の生徒も増えてきました。

 

今回は平田中、東中、柳川中生エリアにも投函する予定です。

沢山の方の目に触れ、選んで頂けると嬉しいです(^^)/

 

まずはお気軽に体験してみてください!

応募はこちらから(^^)/

2018/01/11 チャレンジテストいいね!と言ってる人に出会ったことがないのですが・・・

今日はチャレンジテストでしたね。

大阪府独自の制度です。

 

大阪府立高校入試の内申評価が相対評価から絶対評価に変更したことによる不公平をなくすための制度だそうです。

正直申し上げて私の周りでチャレンジテストいいね!と言う方に巡り合ったことがありません。

塾関係者はもちろん学校関係者の方も含めてです。(私個人の狭い狭いコミュニティでの話ですが)

 

チャレンジテストがある事で不公平が是正されるとも全く思いません。

 

昨年、どこかの中学で数十人規模の生徒が欠席したというニュースがありました。

多分今年も似た様な事が起こるのではないでしょうか?

何故ならその学校の生徒誰も損しないからです。

 

学校の平均点が高ければ(中学校)評定の平均点を高くつけることが出来ます。

個人のチャレンジテストの点数が悪ければ(個人の)評定が下がる可能性があります。

しかも受験しない事によるペナルティはありません。

 

優秀な生徒だけにチャレンジテストを受験させて学校平均点をあげてもらう!

学校の平均点を下げてしまう生徒には欠席を促す。

成績がさがる可能性がある生徒はあえて受験しない。

我が校の生徒の事を思うからこそ、そのように考える学校(先生)があっても不思議ではありません。

 

もちろんフェアではないと思いますよ。

ですが現状ではこのような操作が可能です。

 

授業態度がすこぶる悪く手を焼いているような生徒(生活態度において5をつけられるレベルではない)でも、

チャレンジテストの結果さえ良ければそれだけで5がとれます。

成績はよくないけれど、とても真面目で一生懸命!

頑張りを評価してあげたい生徒ですが、チャレンジテストで点数が取れなければ評定は下がります。

それじゃ学校の先生の存在意義もない。

 

内申の平均点はもちろん副教科にも影響します。

5教科の平均点が悪い中学にいるがために副教科で5や4が取りにくい。

 

誰が見てもおかしいと思うのですがどうでしょう。

 

そこまで公平にこだわるのなら年5回の定期テストを全て一斉に行えばいいのではないかと思うのですが?

学校関係者は反対するかもしれませんが(笑)

もちろん予算や手間を考えたら現実的ではないですけどね。

 

今日チラッとお昼のニュースで言ってましたが来年も実施予定だとか。

 

もう少し現状を見てほしいですね。

 

小生意気な投稿になってしまいました。

あくまで個人的見解です。

失礼しました。

2018/01/10 君たちはどう生きるか。

今日は十日戎という事で朝から地元の神社にお参りに行きました。

今まで夜にしか行ったことなかったのですが、朝行っても結構な人でした。

大きな笹をドンと購入したいところですが、教室に置く場所がないので毎年小ぶりの熊手を購入しています。

 

今年もたくさんの生徒に通ってもらえるような塾にしなきゃ!

すべきこといっぱいです。

 

誕生日で選ぶ開運おみくじ?のようなものがあったので引いてみました。

あまり占い的なものは信じないのですが・・・

その日に生まれた人の長所短所が書かれていたのですが、短所の部分がピンポイントで当たっていたので恐ろしくなりました(笑)

 

話は変わって昨日の話。

 

昨夜NHKで特集していました。

たまたま目にしました。

 

メガヒットしているそうですね。

IMG_0605

たまたま先週義母宅で見つけたのでお借りしたところでした。

ナイスなタイミング!

 

一気に読んでしまいました。

 

内容は控えますが

 

君たちはどう生きるか?

 

中学生に向けた話ですが40半ばのおっさんもしっかり考えさせられました。

大人がはまる。納得です。

 

おススメです。

2018/01/09 受験生への冬休みの宿題の出し方!考え直してほしいです。

今日は始業式ですね。

5日から講習を行っているので

やっと始業式か~

といった感覚です。

 

始業式に宿題を提出するからという事で昨夜息子のプリントの〇付けをさせられました。

今は親が〇付けするんですね?

息子の小学校だけかなあ?

 

宿題の提出で思いだしたのですが

 

この時期の中3生に答えのない宿題を出すのはやめてほしいです。

何の意味もありません。

中3生に限らずそう思います。

 

恐らく丸写しする生徒対策だと思うのですが、そのレベルの生徒はどう対策を取ったって手を抜くと思います。

そういうことをしそうな生徒を基準に考えるべきではありません。

 

学校の宿題レベルで次の授業で答え合わせ出来るのなら良いですが

(特に受験勉強として)基本的に答えのない問題、その場で正解不正解、解説が確認できない問題はする意味がありません。

 

全ての問題を解く事が出来た優秀な生徒ほど、答え合わせして自分の答えが合っているか?確認したいはずです。

一生懸命取り組んで解けない問題があった生徒の場合。

3学期になって答えをもらうまでその問題を放置せざるをえないのが今の状況です。

 

きっぱり言い切ります!

無駄です!

 

解答がないからという事で何人の生徒から質問を受けました。

私が実際解いて解説をしました。

塾の先生だから生徒の宿題の問題なんてわかって当然でしょ?と思われるかもしれませんが

恐らく、間違いなく合っていると思っていても、それでも答えを確認せずに説明するのは不安なものです。

 

わからない問題があった時に確認出来ないと困ると思うから答えも一緒に渡しておくな。

だけど当たり前やけど自分でしっかり解くようにね。それが宿題やし勉強だから。

それでもやる気のない奴は答え写すなり好きにしろ!

そこまでは先生しらん!自己責任!

 

これでいいでしょう?

 

本当に考え直してほしいです。

2018/01/08 当時の夢とは少し形が違いますが、よい形になっているのかもしれません。

成人式ですね。

ご成人を迎えられた皆様おめでとうございます。

 

私は成人式には出席できませんでした。

その事は今でも後悔が残っています。

 

確か翌日が語学の試験でした。

当時から単位を落としまくっていましたので、これ以上落とすとまずいという事で

泣く泣く自主規制しました。

多分参加すると朝まで遊びまわるのは目に見えていましたしね(笑)

 

当塾が開校した時の中3生が今年成人しました。

早いものです。

 

卒業生とお酒を飲める日が来たらいいなあ・・・

漠然とした開校当時の夢でした。

今声を掛けたら何人集まってくれるかな?

 

当時の生徒だったウチムラが、今アルバイトスタッフとして当塾を手伝ってくれています。

ウチムラだけではありませんが、アルバイトスタッフを引き連れて食事に行くこともあります。

そこで多少お酒を飲む事もありますので(笑)当時思い描いたものとは少し形は違いますが

当時想像していたよりもよい形になって実現しているようにも思います。

 

そう思うと嬉しいですねえ。

感謝です。

 

 

2018/01/06 目の前の状況が自分の実力です。

長時間の一斉講習を行っていると集中力が途切れるときがあります。

こちらもこまめに休憩を挟んでみたり、工夫はしているつもりですが、結局本人次第でしかありません。

 

本人次第≒自己責任

 

だと思うのですが、自己責任だからこちらは知るか!とは中々いきません。

 

もどかしいところです。

 

宿題すら持ってこない生徒・・・

これはもう知らんです。

お前らは(毎日の課題の)作文書かなくてもいいよ!

書いてもいいけど先生は見ないから!

 

それでも一応書く生徒、言われた通り?書かずに違う事をする生徒。

 

結局この状況全てが自分の指導者としての実力を映しています。

人のふり見て我がふり直せと言うか?

生徒の様子が自分の実力という事ですね・・・

 

大半の生徒はかなり良い状態なのですよ。

それでもねぇ・・・

 

結局日々反省です。

2018/01/05 新年明けましておめでとうございます。

皆様新年明けましておめでとうございます。

当塾は本日5日より授業再開致しました。

本年もよろしくお願いします。

 

スタートダッシュこそフルスロットルで!

会社員時代の先輩に教えてもらった言葉です。

 

初日だからこそマックスまでギアを上げる。

頭と体を強制的に慣れさせてしまう。

 

大事だと思います。

 

という事で早速初日から5教科実テ形式で行いました。

生徒は疲れたと思いますが、もう休みボケは吹っ飛んだと思います。

 

セルモ茨木学園南教室!

今年もフルスロットルで駆け抜けますのでよろしくお願いします。